どろあわわにも含まれるコラーゲンの効果、不足すると?

どろあわわにも含まれるコラーゲンの効果、不足すると?

美肌に欠かせない成分としてよく耳にするコラーゲン。
どろあわわにも配合されています。

 

実際、コラーゲンとはどのようなもので、どんな効果があるのか、まとめていきます。

 

コラーゲンとは

 

コラーゲンはたんぱく質のひとつで、わたしたち人間の体をつくるのに欠かせない成分です。
皮膚をはじめ、骨や血管、爪や髪の毛にも含まれています。

 

コラーゲンは細胞同士をつなげたり、ひじやはひざなどの関節のクッションの役割をはたしています。コラーゲンは鎖状の繊維が複雑にからみあってできています。また、細胞の活性化に働きかけ、新陳代謝を促し、新しい細胞の再生にも役立っています。

 

 

皮膚に含まれるコラーゲンは、とくに皮膚の中でも「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれているうちの真ん中、真皮に多く含まれていて表面の皮を支える働きをしています。

 

ですからコラーゲンが不足すると、肌のハリが失われ、シワやたるみ、髪のコシがなくなりパサつくなど、老化の原因になるのです。

 

コラーゲンを取り入れるための食事

 

コラーゲンは骨や筋肉とともに作られ、20歳にはピークをむかえ、それ以降は年を重ねるにつれ減少していきます。

 

 

食事でしっかり補っていくことが大切です。コラーゲンは肉類や魚から摂取することができます。フカヒレ、豚足、スッポン、うなぎなどがあります。

 

 

コラーゲンを含む食べ物は高価なものもあります。なかなか購入が難しい、料理が難しい、そんなときは、豚の脂などを固めたコラーゲンボールも発売されていますので、活用してみて下さい。

 

 

より効率よくコラーゲンを取り入れるにはビタミンCと一緒に摂取するのが効果的です。ビタミンCはコラーゲンを安定させる働きがあります。ビタミンCを多く含む食べ物は、いちご、レモン、緑黄色野菜などがあります。

 

 

さらにコラーゲンの力を発揮できるようにエラスチンという成分はその効果を助けます。エラスチンは、コラーゲンをつなぎとめ、コラーゲンの繊維をひきしめる働きがあります。エラスチンは牛すじや手羽先に多く含まれています。

 

 

エラスチンは夕食に取り入れるのがオススメです。寝る前に取り入れることで、寝ている間の細胞再生に役立ち、よりコラーゲンの活性化につながります。

 

 

コラーゲンを補うサプリやドリンク

 

 

コラーゲンの多く含まれるものは動物性のお肉や脂身が多く、それらが苦手な方、また、年を重ねるにつれお肉や脂身は胃がもたれるようになったなどそういった食べ物が苦手な方もいると思います。毎日の食事では補いきれないコラーゲンは、ドリンクやサプリで取り入れることができます。

 

ドラッグストアやネット通販で簡単に購入することができます。

 

数多くあるコラーゲン商品の中からよりコラーゲンを取り入れるため優れた商品を選ぶ際のポイントは、まずは続けやすいよう、飲みやすさ、味に不満がないものにしましょう。

 

コラーゲンの効果は服用して一日限りです。毎日きちんと続けることが、効果を実感するために重要です。より純度の高い商品を選ぶようにしましょう。配合されている成分をしっかりチェックして下さい。コラーゲンの純度が高いものは白く濁っているのが特長です。

 

 

もちろん、どろあわわのような洗顔石鹸からお肌にコラーゲンを与えるのも有効です。化粧水や美容液もコラーゲン配合のものは多いので、積極的に使っていきましょう。