スキンケアで治らないニキビは内臓の不調が考えられる

スキンケアで治らないニキビは内臓の不調が考えられる

 

ニキビが形成される場所によって異なるものの、内臓が原因で引き起こされるのは決して珍しくありません。

 

顔や身体に形成されるニキビと聞き、以下のような原因を頭でイメージする方は多いはずです。

 

  • 肌の乾燥
  • 皮脂の分泌
  • 精神的なストレス
  • 太陽による日焼け

 

これらも肌トラブルの原因になりやすいのですが、毎日のスキンケアを丁寧に行っているのにも関わらずニキビが治らないのならば内臓の不調が考えられます。

 

内臓の不調によって消化不良を起こし、老廃物が溜まって肌のターンオーバーが乱れてニキビが形成されるというメカニズムです。内臓と一口に言っても、胃や腸、肝臓など私たちの身体にはたくさんの臓器があるので個別に見ていきましょう。

 

胃腸の不調が原因のニキビ

 

トウガラシなどの刺激の強い食べ物やアルコールの過剰摂取により、胃腸へと大きな負担が加わります。

 

その負担が原因で消化不良が引き起こされて栄養吸収力が悪化し、肌の回復に必要な栄養の摂取が滞ってニキビが形成されやすくなるのです。胃腸の不調により、頬やおでこ、口周りといった場所にニキビが形成されやすくなります。

 

加齢やストレスなど胃腸の働きが鈍くなる原因は多岐に渡りますが、その中でも特に食生活の見直しが大事で暴飲暴食は絶対に避けてください。

 

肝臓の不調が原因のニキビ

 

肝臓の不調もニキビが引き起こされる原因の一つとなっています。

 

「肝臓と肌には特に関係性はない」と考えるかもしれませんが、この内臓は老廃物を分解したり脂肪を蓄えたりと生きていくために欠かせない働きを担っているのです。その肝臓が弱り果てることにより、体内の毒素を分解できなくなって肌の新陳代謝が悪化し、ターンオーバーが乱れたり免疫力が低下したりしてニキビが形成されやすくなります。

 

特に、目の周りやこめかみといった部位にニキビができやすく、アルコールの飲み過ぎやタバコの吸い過ぎには十分に注意しましょう。

 

腎臓の不調が原因のニキビ

 

胃腸や肝臓と比べて腎臓は軽視されがちですが、血液をろ過して体内にとって不要な塩分や老廃物を体外へと排出する重要な働きを担っています。

 

そんな腎臓の不調によって老廃物が排出されにくくなって体内に老廃物が溜まり、肌の代謝機能に異常が生じてニキビやむくみが引き起こされるというメカニズムです。腎臓の不調も肝臓と同じように、目の周りやこめかみに肌荒れが生じやすくなります。

 

そこで、「塩分を控えた食生活を送る」「腎機能を回復させるハトムギを摂取する」「体内のAGEを排出する純炭粉末を摂取する」という対策を練ってみてください。